記事一覧

初めの一歩。。。のあれこれ!

ファイル 42-1.jpg

毎日のように五体治療院にいる私は、

毎日、治療に来る競輪選手にあいます。

治療に来る選手のほとんどが身体の使い方のアドバイスを聞くのも目的だと思います。

そんな後輩たちの会話はとても勉強になります。

ありがたいことに、そんな会話が聞き放題です。。

全ての会話が生きた感覚とアドバイスの話で、とても勉強になります。

その会話の中で必ず出るのが、

「最初は、何から初めたら良いですか?」

って質問。。

「 こうして、歩きなさい!」

こう一言。

また違う後輩が、同じく、、


「最初は、何から初めたら良いですか?」と、聞きます。

また、

「 こうして、歩きなさい!」と一言。

前回来た後輩が今回も同じ質問します。

「 初めはどんな練習から初めれば良いですか?」

「 こうして歩きなさい。」


アドバイスは同じです。

後輩くん、要は歩いてないんです。

歩いてるよ!って言う後輩くんは歩き足りないんでしょう。


師匠から、私にお題。。


「 左重心とは?」

私なら

「続けた努力をした者にしか伝わらないもの。」

と、答えます。

足の使い方の。。。あれこれ!

ファイル 41-3.jpg

みなさんは、シューズの中の足をどう?使って ますか?


では、クイズです。

写真①

ファイル 41-1.jpg


写真②

ファイル 41-2.jpg

普段から、靴の中でも


どちらの足の使い方が正しいでしょうか?


考えてみて下さいね。

左重心の。。。あれこれ!

ファイル 40-1.jpg

左重心は自転車だけのものではありません。

もっと大きく言えば、、

スポーツのみならず、

普段の生活にも取り入れることで、いろいろな利点があるんですよ!

その一つを例に、

ファイル 40-2.jpg

書道。。


どこに?


左重心が必要なんでしょうか?


書道に長けている方ならばお気づきになるでしょうが、、


書を書く時にとても大事なのは、


左手の使い方なんです。
ファイル 40-3.jpg

左手をきちんと添えることで筆を持つ右手を上手く操ることが出来ます。


ファイル 40-4.png

ファイル 40-5.jpg


"左"える、と書いて"ささえる" と読み


"右"ごく、と書いて"うごく" と読みます。


右手と左手の役目は違います。

それぞれの役目をきちんとするためにも、

左重心が大切な役目をします。

という事は、

正座ももちろん、、 左重心!!

ファイル 40-6.png


茶道も花道も左重心。


他にもいろいろ左重心が基本のものは、多いんですよ。。


ファイル 40-7.jpg


しかし、、左手を添えて、、この字、、(^ ^)笑笑笑


ファイル 40-8.jpg


左重心の。。あれこれ!でした。

ページ移動