記事一覧

距離感の。。。あれこれ!⑤

先日のブログで12の数字の話を書きました。

なぜ?12なのか不思議に思ったことはありませんか、、、など、、

鉛筆の1ダースや、時計の12時とかのブログです。

この話は、12進数と言います。

日本では、メートル法が一般的ですよね。これを10進法と言います。

ですから12進法には違和感がありますよね。

12という数字の起源はとても古く今から5000年以上前、古代エジプト人の日時計から始まったと言われています。

星と月など地球との環境と先祖の生活が深い感覚を感じ取り出来た12という数字。

では、そもそも深い感覚を感じ取れる12という数字は身体の中には関係ないんでしょうか?

じつは、身体尺にもあるんですよ!


ファイル 73-1.jpg

1 フィート = 12インチ です。

つまり、

人の身体の中にもしっかりと感覚を作り出す要素が含まれているということです。

そもそも地球で作られた人の身体の中にも地球と密接に繋がっている部分はあるんです。

ですから、個々が絶対的感覚というものを作り上げることができるんです。

距離感の。。。あれこれ!④

毎日説明しています身体尺、、、

腕の"尺"。。。

ファイル 72-1.png

1 尺 = 30.3cm

足の"フィート"。。。

ファイル 72-2.png

1フィート = 30.48cm

昨日のブログにも書きましたが、

"尺"と"フィート"はほぼ同じ。。

と、言うことは、、

一度ご自分の腕を足に当てて見て下さい!

ファイル 72-3.jpg

不思議な事に、同じ長さです。

コレが、身体尺。。。

昨日長々と書いた12の話、、どこに結びつくのか??

その答えは、また明日。。。

距離感の。。。あれこれ!③

私の子供の時の話。。。算数とかの問題で、、

1ダース一箱と三本の鉛筆で合計何本ですか?

という問題。ありましたよね?

普通ならば、答えを計算して終わりなんですが私はろくに計算もせずに、、

1ダースって何で? 12本なんだろ??とか、

何で?ビール1ケースは24本なんだろ??とか

時計も一周12時間だし、1日24時間だし、一年も12カ月だし、、何で?

とにかく不思議に思っていました。

今のようにネットですぐに調べる事の出来る時代ではないので月とか星と地球に関係がある!

ってわかるにはかなり時間がかかった覚えがあります。

そんな事もすっかり忘れていましたが、ある日その事を思い出す出来事が、、

高校で自転車競技を本格的に始めて、自転車の車輪を見た時にスポークの数が36本でした。

試合用の決戦車輪は、スポークの数が24本。。

こんなとこまで24という数字。。当時意味はわかりませんが地球とこの数字とは何か?密接に関係があるんだろうな〜って漠然と思っていました。

最近の絶対感覚や身体尺のブログも身体にとても関係の深い事を書いているんですよ。。

さて昨日の続き、、

海外で使われる長さの単位にフィート(feet)があります。

足の大きさを意味する身体尺です。

ゴルファーがグリーン上を歩測するのを目にしたことがありますよね。

あるプロゴルファーは、一定の歩幅で歩くつまり歩測の練習をするそうです。

ファイル 71-1.png
1尺 = 30.3cm

1フィート = 30.48cm

その差が0.18cmしかありません。

意外にも、身体尺は世界共通といえるかも。。。

明日へ続く。。。