エントリー

歩くことと、基本の。。。あれこれ!

  • No.135
  • 2019/01/15 15:44

年明けから5日連続、大学野球選手とゴルフ場でトレーニングをしてきました。

早朝から営業までの2時間。。。ウォーキングでしっかり”腱トレ”しました!

八角棒を水平に担ぎゴルフ場の傾斜や起伏の中の空間で身体の傾き、自身のいる位置や距離感を常に把握しながらひたすらゆっくり歩きます。

前回のブログで足指の屈曲のお話をしましたが私の場合足首が柔らかかったので右足と同レベルまで指を曲げることが出来るまでひたすらトレーニングし今では力感無く右と動レベルまで指は屈曲出来ております。案の定大学生君も右足は握れますが左足は握れません。

私にはこのトレーニングには別の目的がありますが、大学生君には基本中の基本からです。

いつも足のお話ですが根底はここにあります。ここをおろそかにする人が多い多い。左右の話をする前の段階です。

 

それにしても、、、

早朝の裸足は。。。冷たい。。

歩くことと、足底の。。。あれこれ!

  • No.134
  • 2019/01/03 15:59

本年もよろしくお願いいたします。

正月もしっかり、風や距離感等を感じながらゆっくり歩きましたよ。

さて、歩くと言えば靴。

みなさんは、やわらかい靴がお好みですか?硬い靴がお好みですか?

私は、いつも足底の硬い靴を履いて歩いています。

今日はその靴に包まれた足のお話。

みなさんは、靴の中の指は屈曲?伸展?

足には衝撃を吸収するという働きがあり、指なども含めて足底はほとんどが”腱”で出来ています。

靴の中の指を伸展して使っている人は筋肉が発達しています。そこで、足指をしっかり屈曲し歩くことで筋肉化しているものを腱に戻し腱をちぢませ腱反射をさせるための足にしなくてはいけないんです。

足指を屈曲させゆっり歩くことで最初は疲れますが歩き続けることで力感はなくなります。

足底の腱がしっかりし、ある一定の条件がそろえば腱反射が出来るようになります。

スポーツ中、目に見えていても身体が動かなかったことはありませんか?

スポーツ等で身体がすぐに反応するには腱反射はとても重要です。

筋肉化してしまっている足は足底筋膜炎などの怪我にもなりかねません。

腱反射のための足底にしてくださいね。

トレーニングの。。。あれこれ!

  • No.133
  • 2018/12/26 10:42

このブログをご覧の方にはトレーニングとして歩いている方もみえると思います。

"歩く”

運動動作の基本のひとつです。

ダラダラ歩く人もいればシャキっと歩く人もいます。どう歩くかはそれぞれの自由ですし、どのように歩いているかなど考えたこともないと思います。

しかし、運動能力を上げようとするならばこの”歩く”をもう少し深く理解していただきたいです。

一流スポーツ選手と普通の人とでは”歩く”質が全く違います。

一流選手は身体の各部位の位置、運動の状態を認識し歩いています。

スポーツを”する”しない”に関係なく自分の身体をどう?使っているか理解している人はほとんどいません。

ほとんどの人が、自分の身体がどう?動いているか認識できていないんです。

まずは、

自分の身体を認識できていないこと”に気づく事。

を自分に気づかせるために歩いてみてはいかがでしょう。

きっと、ゆっくり歩くことで身体の状態の認識ができてくるはずです。

 

 

ページ移動

ユーティリティ

<<<2019年01月>>>

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
- - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed