エントリー

左右の。。。あれこれ!③

  • 2018/01/03 12:25

明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願いいたします。

前回の続き、デニム生地右綾(みぎあや)で織られたデニムをもっと細かく紐解いていきます。

下の図は、

糸を撚って(よって)いる図です。

二本の繊維を捻って出来た糸をデニムの材料にするわけですが、この糸を捻る方向も右捻りです。

なぜ?右回りばかり?

糸を撚る(よる)職人さんいわく、”左回り”で糸を撚ると糸が解けてしまうそうです。

緩まないよう糸を、緩まないようデニムを、緩まないよう丈夫な作業着(ジーンズ)を作ったら右に捻れるジーンズが出来た。と、言うわけです。

ここまで追求すればなぜ?右に捻れるか理解できましたよね?

深く追求することは理解が深まりますしとても重要です。

予断ですが今では左綾のデニムが作られるようになりました。現代の、ジーンズはファッション重視、作業着のような丈夫さはいりませんからね。

世の中には、まだまだ右回りのものが多くあります。

 身近で言えば、どこにでも使われているネジ。ほとんどのネジが右ネジです。ドアノブ等もほとんどの人が右に回して開けると思います。これらは右利きの人が多いからと言われています。

自然に目を向けると、植物のツル。巻貝。などほとんどが右巻きで左巻きは少ないそうです。

人の動きも左右に意味のある動きがあります。身体に興味のある方はぜひ上辺の情報だけじゃなくジーンズのように深く追求してみるときっと理解が深まりますよ。

さて、年末に嬉しいニュースが

2017年の競輪選手の頂点を決める競輪グランプリで”浅井康太選手”が優勝いたしました。

おめでとうございます!!

 

 

ページ移動

ユーティリティ

<<<2018年07月>>>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
- - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed